スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
お戒壇様に直接って・・・・・・・
お戒壇様に直接というのを身近なことでたとえて言うと。。。。。。。



発電所から家庭に直接、電流を流すようなものです。

ありえないでしょ。




電気がつくどころか、家が粉々になっちゃいますよね。




発電所から変電所や送電線やらを通り、いえの近くの電柱で家庭用にしてもらって初めて電気の恩恵を受けるわけです。








大聖人様の大慈大悲も、ご法主上人様がいらして、御僧侶がいらしてとてつもなく、深く大きなお慈悲を在家の身で受けさせていただけるんです。




私達の体で譬えると、心臓が大聖人様。
動脈が猊下様。

中くらいの血管が御僧侶で、毛細血管が在家です。


心臓から直接、末端の毛細血管に血液が送られるとどうなりますかね。


道理を通せば簡単に答えが出ますよね。


この簡単な道理さえ目にも耳にも届かない。。。。。。



仏様のお慈悲に差別はないけれども、仏様からのつながりには縦わけがあると大聖人様が仰せです。

竹の節目のようなものと仰せです。




大聖人様の仰せを無視して、都合のいい表現でごまかしている。。。。

後生は恐ろし恐ろし・・・

有知無知をきらわず、罪障は積まれてしまいます。

だからこそ、顕正会をはじめ、異流儀になった方々に目を開いて気づいていただきたいと願っています。

スポンサーサイト
[2012/10/26 00:24 ] | 血脈 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top
ご僧侶がいらしてこそなんです。
「此の経は相伝にあらざれば知り難し」(一代聖教大意 御書92ページ)



「僧の恩をいはば、仏法・法宝は必ず僧によて住す。たとえば薪なければ火無く、大地無ければ草木生ずべからず。仏法有りといへども僧有りて習ひ伝えずんば、正法・像法二千年過ぎて末法へも伝わるべからず」(四恩抄 御書268ページ)


日蓮大聖人様は『一大聖教大意』『四恩抄』に仰せです。
御僧侶がいらっしゃるからこそ、仏法が大聖人様(お戒壇様)から流れ、在家の信徒さんたちにつながるのですよ

つまり、真っ直ぐに大聖人様に結ばれていく信心こそが直結の信心なんです。

隔てるものなどなく、どこまでも大聖人様に繋がっている信心こそ直結です。

これ・・しっかり押さえてほしいとこだよ。




顕正会も。。。御僧侶を隔たりと解釈してるんですよね。



それが大きな間違い。



御僧侶がいらっしゃらなければ繋がらないんです。大聖人様と繋がれないんですよ。


そのことを大聖人様が御書に残されているでしょ。
『仏法・法宝は必ず僧によて住す。』(四恩抄)

このお言葉を無視する主張は、大聖人様そのものの否定ではないですか。

否定してるのに、直結してるとは・・・・

全く道理が通りませんよ。

気づいてほしいなぁ~
[2012/10/22 23:46 ] | 血脈 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
つながっているらしいけどね。
顕正会は異流儀ですので、やっぱり戒壇の大御本尊様と直結してると言い出しました。





私がいたころはそんなこと言わなかったけど、平成10年以降、御隠尊猊下様の否定を始めてから言い出したわけです。




そりゃ~そうだよね。



御法主上人様の御存在を否定しちゃうと、信心の対象が薄れるわけだから、お戒壇様を前に出さないわけにはいかないよね。



そんでもって、お戒壇様と直接つながってるからいいんだよって言わないとさ。
信心の根本がないと不安になるものね。



これも間違いです。




顕正会員は直結の信心・・・?

広辞苑で『直結』の意味を引くと・・・・
『何の隔たりもなく直接つながっている状態』なんて書いてあります。



直結の意味の通り。


大聖人様と私たち法華講員の間には何も隔たりはありません。


流れています。
大聖人様の大慈大悲が。



しっかりと滞ることなく流れています。




ですが、顕正会員と大聖人様の間には流れがないので、つながりようがありません。



流れがなくつながりのないところに隔たりになるものなどないのに?

いったい、何を隔たりと思っているのか?



不思議だ・・・・・





づづく~~~~
[2012/10/11 00:34 ] | 血脈 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
ねぇ、誰を信じてるのかなぁ~
顕正会員は、誰を信じてるんだろうねぇ?????



本当に日蓮大聖人様を信じてるんだろうか?



本当に大聖人様を信じていたら、三世(過去・現在・未来)を見通される御本仏が決定された血脈が途中で断絶するなんて、考えられないだろうに。



途中で断絶するってことは、三世をお見通しでないってことでしょ。



つまり、三世を見通すことが出来ないってことで、大聖人様が仏ではないと言ってるのと同じなんですけど。
つまり、血脈の断絶をいう人たちは、日蓮大聖人様の仏力・法力を信じられない、大聖人様を否定してる人たちてことになるんですよねぇ。




わかってるんだろうか?


顕正会員が大聖人様の否定をしてる事実・・・




わかっていたら、顕正会をやめるよね。





まさに・・・浅井さんに盲目になっている顕正会員さんたちが一人でも多く、開目してくださって、大聖人様を真直ぐに信じてくださることを、祈ります。
[2012/10/01 08:25 ] | 血脈 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。